2010年02月09日

成果・不満・悲鳴…「平成の大合併」終盤へ(読売新聞)

 国の主導で11年にわたって続いた「平成の大合併」が、最終コーナーを回った。新合併特例法の期限が3月末で切れる。

 1999年3月に3232あった自治体は、ほぼ半減し1730になる見通しだ。自治体の行財政基盤の強化や地方分権を進める目的で始まり、一定の成果は上げた。

 しかし、大阪府より広い市が出現するなど、広域化による周辺部の衰退も懸念される。三位一体の改革で地方交付税も絞られ、不満と悲鳴も聞こえてくる。塗りかわった日本地図の明暗は――。

 ◆10年がかり

 1〜3月に“駆け込み”的に実施される合併は23件。近畿では、滋賀県で1月1日に長浜市と周辺6町による新「長浜市」が発足した。

 合併協議は2000年、琵琶湖の北にある長浜市と周辺12町が参加して始まった。途中4町が離脱、06年2月にまず長浜市と2町が合併した。残る6町は独自合併も検討したが「“弱者連合”ではやっていけない」と判断、長浜市への編入が決まり、10年がかりの<縁談>はようやくまとまった。前後半に分かれた合併期間のうち、後半の5年で同市は合併自治体数が最も多い。

 3月21日に対等合併で「近江八幡市」となる同県安土町では、織田信長ゆかりの「安土」の名が消えることに町民が猛反発。合併を進めた前町長が解職され、出直し選では合併に反対する住民団体代表が初当選した。さらに、推進派の多い町議会の解散の是非を問う住民投票も14日に行われる。合併そのものは覆らないが、将来、再び分離をめざす動きもある。

 ◆周辺は過疎化

 合併した自治体のそろばん勘定はどうか。

 1市2町7村が集まり、日本一広い市になった岐阜県高山市は、大阪府や香川県より広い。中学生まで医療費を無料とするなど、住民サービスの底上げを図った。だが、市域の多くは山地で人口は市中心部に集中し、周辺部の過疎・高齢化が課題になりそうだ。

 安土町のように、知られた地名が埋没する例も。静岡市清水区となった旧清水市は、清水次郎長の存在がかすみ、次郎長をあしらった土産物の売れ行きも陰り気味という。「日本のハワイ」といわれた鳥取県羽合町は湯梨浜(ゆりはま)町に。夏に職員がアロハシャツで迎える姿は変わらないが、町全体で「ハワイ」を売り出す機運は「いまひとつ」という。

 三位一体改革のため「はしご」を外された格好になり、財政計画の見直しを迫られた自治体も。04年に合併した長崎県対馬市は新規事業はやめ、継続事業の終了計画延長を迫られた。同市の担当者は「あんなに早く歳入不足になるとは、『話が違う』という印象だった」と振り返る。

 一方、全国町村会(東京)には、合併済み自治体から「子どもの医療費の基準を統一できた」「人件費が削減できた」などの声も寄せられている。

 ◆ひと息つく

 地図出版大手の「昭文社」(東京都)では、例年の改訂に、合併による地名や公共施設名の変更作業が重なり、05〜06年のピーク時には、社員は残業の連続だった。“合併特需”は、期待通りとはいかなかったが、同社の広報担当者は「これまで、原稿作りや確認で本当に忙しかった。ようやくひと息つけそうです」と話していた。平成の大合併 地方自治体の効率的な行財政などを目指すため、国は1999年に「市町村の合併の特例に関する法律」を改正(旧特例法)、合併特例債の発行などさまざまな特典も用意して合併を促した。期限の2006年3月末までに581件の合併が成立。同法は10年3月まで延長され(新特例法)、さらに59件がまとまった。今月1日には市と町が同数の784になった。

 ◆平成の大合併=地方自治体の効率的な行財政などを目指すため、国は1999年に「市町村の合併の特例に関する法律」を改正(旧特例法)、合併特例債の発行などさまざまな特典も用意して合併を促した。期限の2006年3月末までに581件の合併が成立。同法は10年3月まで延長され(新特例法)、さらに59件がまとまった。今月1日には市と町が同数の784になった。

<辞職勧告決議案>石川議員起訴なら自民・公明提出へ(毎日新聞)
独法の仕分け、対象選定に着手=仙谷担当相(時事通信)
「週刊ゴング」の老舗出版社が破産 下火のプロレス人気に追い打ち(産経新聞)
<小沢幹事長>地検が2度目の事情聴取…1月31日に都内で(毎日新聞)
【視点】山本病院事件 聴取拒否 「故意」立証難しく(産経新聞)
posted by スザキ コウジロウ at 21:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<節分>風呂敷や袋で福豆キャッチ 名古屋・大須観音(毎日新聞)

 名古屋市中区の大須観音で3日、恒例の節分会があり、2トン近い福豆がまかれた。鬼面を寺宝とする大須観音での掛け声は「福は内、福は内」が習わし。午前10時から、福豆を買った人々が次々と高さ3メートルの特設ステージに上って豆をまき、境内は風呂敷や袋を広げ、豆を受け止めようとする人たちでにぎわった。【山田一晶】

【関連ニュース】
巻きずし商標権:イオンが逆転勝訴…大阪高裁判決
節分:「福は内、福は内」成田山新勝寺 朝青龍は欠席
節分:「福は内」園児350人が豆まき 東京・浅草寺
野口聡一さん:鬼は地球の外?…チョコで宇宙の「豆まき」
通天閣:恒例の「福豆まき」…ゲストに橋下知事

<参院代表質問>「同志」発言で鳩山首相が答弁(毎日新聞)
緊張感ゼロ“お遊戯国会”(産経新聞)
雑記帳 バレンタインにチョココスモス(毎日新聞)
「政治主導」の看板に偽りあり?(産経新聞)
自民 参院選選挙区で2新人公認(産経新聞)
posted by スザキ コウジロウ at 12:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最年少の女流棋士に=11歳の藤沢さん(時事通信)

 日本棋院の2010年度女流棋士採用試験本戦が6日行われ、小学5年の藤沢里菜さん(11)=東京都新宿区=が1位となり、4月1日付でプロの囲碁棋士になることが決まった。里菜さんは入段時で11歳6カ月。趙治勲二十五世本因坊の11歳9カ月を抜いて史上最年少。女流棋士では謝依旻女流3冠の14歳4カ月が最年少記録だった。
 父は囲碁棋士の藤沢一就八段、祖父は故藤沢秀行名誉棋聖。 

【関連ニュース】
張が3連勝=囲碁棋聖戦
張が2連勝=囲碁棋聖戦
囲碁の謝が女流3冠独占
張が先勝=囲碁棋聖戦
小沢氏が名人と囲碁対局=成人の日イベント、引き分けに

<屋久島>縄文杉登山道、中旬までに迂回路(毎日新聞)
【中医協】高度な専門性を要する病院の手術料、最大5割アップへ(医療介護CBニュース)
生徒と交際、校内でキス=中学教諭を懲戒免職−横浜市(時事通信)
自民、全国遊説に「美人すぎる市議」活用(産経新聞)
政治主導法案を閣議決定へ=国家戦略局、刷新会議を明記(時事通信)
posted by スザキ コウジロウ at 03:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。